リュシアン・ミュザール ブルゴーニュ・ルージュ2013

本日は、本題の前に。
ミッシェル・グロに会いに行って来ます!

多忙な方なので前回のようにじっくり話すことが出来るか?わかりませんが、私がミッシェルに会いたかった!と言うメッセージは残したいと思っております。
ミッシェルから言われているドメーヌ訪問は叶っていませんが、こうして日本で会える事をとても幸せに思います。


では、本題。
記憶の範囲ではサントネイ地区に本拠地を構える生産者。
す今から15年以上前に飲んでいるはずである。
その時はM社が輸入していて、面白い訳あり品があった。
それは、インポーターが年間の購入量と生産量が全く違い生産者に唯したら『約束の生産量を出荷出来なかったから、上位商品を格落ちして出荷する』と言うもの。

よって、当時のACブルゴーニュのラベルを貼ったワインでありながらコルクはマランジュであり、中味もマランジュであった。

今回のワインは通常のACブルゴーニュでサントネイ、マランジェ、シャサーニュ・モンラッシェ村ののACブルゴーニュの区画で一般商品です。
d0351213_18155045.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-11 05:51