<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

古酒の味わい

一部のワインは、長い熟成期間を経て味わいに変化が出ます。

これは、科学的な解明はされていないようですが共通するのは『味わいの要素が深く酸がしっかりしているほど熟成する』傾向にあります。

私の好きなブルゴーニュでピノ・ノワールに絞って書いてみましょう。

AOCブルゴーニュのリージョンクラスで古酒も存在しますが、長い熟成期間を経ても味の深みは出ず、コンパクトに枯れた味わいになります。

しかし、プルミエ・クリュやグラン・クリュは長い熟成期間を経て味わいに大きな変化があります。


今回は味の変化率ではなく、熟成の見極めについて考えます。

熟成の見極めは人によってマチマチで今がピークと言える部分ははっきりしても『ピークの手前』や『ピークを過ぎつつある』については、その人の経験値と好みになります。


特にピノ・ノワールのような繊細な葡萄は熟成においても繊細です。
それは、カベルネやシラーとは大きく違い繊細さ故の難しさがあります。
カベルネを主体にしたボルドーよりも寿命は短く儚くあります。

だからこそ、ピノ・ノワールの熟成した味わいに魅了されるのでしょう。


ピノ・ノワール以外もそうですが、しっかりした酸が無いと葡萄のパワーが勝ってしまい熟成させると輪郭のぼやけたものになり、大変残念なワインになります。


参考までに、ワイン業界で最大の権威があり広告出校を拒絶して批評をするロバート・パーカーの飲み頃を見るとずいぶん若いうちに飲み頃が終わると感じています。


もしかしたら私が古酒に対して、もしくは飲み頃のピークの感じ方が遅い方なのかもしれません。


いつも思うのは『飲み頃のピークを過ぎつつあるワイン』を飲むときに残念に思ってしまうのか?楽しめるのか?で古酒の楽しみ方が違うのでしょう。

前者の方はピークを早めに感じるでしょうし、私のような後者はピークを遅めに感じるでしょう。


もしくは、熟成のピークを迎える前のワインはどうでしょうか?
これは、結構難しいと思います。
私は良い要素が出始めていれば仕方ないと思うようにしています。
そして、その先にあるピークを想像しながら楽しむようにしています。
個人的に、そこに嫉妬感を抱かなかっただけ自分の感じ方にホッとしたりもします。
最近グランヴァンで飲み頃のピークを迎える前のワインはありませんが、過去には2009年?に飲んだシャトー・ラトゥール1993はボトル1/3になってから猛々と香りを放ち始めました。


私がワインの飲み頃を迎える前や、過ぎつつあるものに残念とはほとんど思いませんが、残念に思ってしまうのは飲み頃を全く迎えていないものや固く閉じてしまった飲み頃を迎えていないワインです。
d0351213_13543447.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-31 05:48

前日のワインの余韻は引きずっていないが、疲労感が少々残っている。

朝は、渡辺蘭氏のレポートで終日雪の予報。
d0351213_19163691.jpg

d0351213_19165010.jpg

d0351213_1917424.jpg

d0351213_1917213.jpg

d0351213_19174394.jpg


本日も地元局はこの方!
d0351213_19181314.jpg


8時半過ぎにホテルをチェックアウト。
d0351213_19183269.jpg

d0351213_19184767.jpg

d0351213_19191151.jpg

スキー場はこのエリアで最も長い4キロのゴンドラがあるスキー場。
M若旦那とO女史が合流予定。
d0351213_19193337.jpg

しかし、南岸低気圧が通過し早めの帰路につくのを決めた為、M若旦那との合流は叶わなかった。

クロスカントリーの練習や近県の学校から授業で来ていたり大きなスキー場ならでは。
d0351213_19195263.jpg

d0351213_1920992.jpg

d0351213_19202782.jpg

d0351213_19204462.jpg


O女史とお昼過ぎまで滑って終了。
d0351213_1921136.jpg


帰路につきます。
d0351213_19213357.jpg

d0351213_19214743.jpg

d0351213_1922193.jpg

d0351213_19222184.jpg

d0351213_19223741.jpg


あっという間に終了。
d0351213_19225025.jpg


H先生へ業務連絡!
中央自動車道上り線に新たにオービスが設置されました。
甲府南IC~一宮御坂IC 間 100.0 kpです。
以前あったものが撤去され1Km手前にHシステムが新設されていました。
H先生要注意ですよ!
[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-30 04:15

今回の行程は2日間。
d0351213_6192656.jpg

朝は4時50分に出発。
気温は0℃
d0351213_6162267.jpg

d0351213_616415.jpg

いつものルートで6時45分にサービスエリアに到着し朝食をとりました。
d0351213_617210.jpg


渡辺蘭氏によると、冬型の気圧配置も一段落して寒いものの快晴の予報。
d0351213_6172934.jpg

d0351213_6174318.jpg

d0351213_6175834.jpg

d0351213_6181686.jpg

地元放送局はこの方
d0351213_6184998.jpg

d0351213_619331.jpg


途中濃霧に見回れましたが、スキー場近くになると快晴で壮大な景色が見えました。
d0351213_6195677.jpg

d0351213_6201282.jpg

d0351213_6203128.jpg

d0351213_6205225.jpg

d0351213_621849.jpg

d0351213_621259.jpg


スキー場到着は8時30分で気温はマイナス8℃。
d0351213_6214292.jpg


綺麗に整備されたゲレンデは固めの雪質。
d0351213_622364.jpg

d0351213_6221959.jpg

d0351213_6223615.jpg

d0351213_6225163.jpg


本日はY先生のレッスンをK氏と受けました。

こちらはK氏に状態の向き取りと加重をレッスンしているショット。
d0351213_623135.jpg

d0351213_6233144.jpg

d0351213_6234697.jpg

d0351213_624352.jpg

d0351213_6243710.jpg


日中は暖かくなりましたが、雪質が荒れることはなく終日良好でした。


15時にホテルに向かいます。
明日は雪の予報で山間は雲が出始めてきた。
d0351213_625106.jpg


15時半に到着。
ホテルのフロントはU氏のようなスタッフがやらかしてくれまして…
『いつもありがとうございます。お名前なんでしたっけ?』
ずるっと、お笑いのように転けそうになりました(笑)
d0351213_6253084.jpg


部屋に入り少々爆睡…


ディナーは
ドメーヌ・ルイ・ジャド コルトン・グレーヴ2001
d0351213_6255210.jpg

このワインは既に飲んでいて完成度が高かった。

レストランのM氏は経験豊富だが、コルクの長さにビックリしていた。
d0351213_6261490.jpg

d0351213_6263852.jpg

ワインはコート・ド・ボーヌ地区唯一のグラン・クリュ。
以前飲んだ通りに完成度が高い。
香りからしてグラン・クリュらしい偉大さを備えている。香水のような香りもあるが偉大なワインとしての骨格が勝っており香水のような香りは控え目。
このように複雑な香りが全面に出ずいくつもあるから飲み手を魅了する。
ワインの将来性も申し分ないし、素晴らしいワインに余計なコメントはいらない。
d0351213_627788.jpg

d0351213_6272431.jpg

大変素晴らしいワイン。

最後はお気遣いありがとうございました。
d0351213_628023.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-29 06:15

今日から2日間ですがスキーに来ています。
d0351213_07314594.jpg
相変わらず積雪は少ないのですが全面滑走可能になっています。
只今の気温はマイナス10℃

d0351213_07475226.jpg


このスペインのスパークリングワイン(カヴァ)を購入したのは1年以上前で2年近く経っているだろうか?

よく、スパークリングワインは買った時が飲み頃です。
と言われています。
確かに飲み頃を迎えていないスパークリングワインに出会した事はありません。

では、なぜ熟成したスパークリングワインを勧める事がほとんどないのでしょう?


理由はいくつかありますが、一番はノンヴィンテージのスパークリングワインの場合いつ生産されたか?明確にわからない。
よってどれくらい熟成出来るか?根拠がない。
これに尽きるでしょう。

ノンヴィンテージながら、これはいついつに生産された!なんて書いてありませんから。


今回紹介するカンパッソスと言うカヴァはインポーターがスペインの蔵から直接輸入しているので、およその生産ロットが推測出来ます。

今がとても良い状態なのはコルクの圧縮具合からもわかるでしょう。
d0351213_17472057.jpg

d0351213_17473068.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-28 04:44

以前のブログでも紹介しているカリフォルニアのピノ・ノワール。

販売店の価格は、本体価格¥1200と異常に安い。

大丈夫か?と思って飲んでみると、きちんとカリピノしている。
以前は、この生産者ではないがカリフォルニアの安いピノ・ノワールはチリ産の果汁を輸入して作られていたのもあったがこれは正真正銘のカリフォルニア産のピノ・ノワール。


では、なんでこんなに安いのか?
確かにカリピノだが価格を考えたら、この品質はありえない(笑)
中味からして、実勢価格は¥1800程度で納得する品質。


そこで、あるインポーターの方にガイザーピークは反則技ではないか?と聞いてみた。
すると、ワイナリーとインポーターが資本関係にあり、いわゆる中間マージンが発生しないのと為替も影響しないパターンらしいよ!
と教えて貰った。

なるほど、安くて美味しいワインな訳だ。


飲んだ経験値ではシャルドネは価格相応。
飲まない知識ではカベルネ・ソーヴィニヨンの出来もピノ・ノワール同様に良いらしい。


H先生におすすめと連絡し飲んでみたら気に入って頂いたようだ(笑)

d0351213_17454734.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-27 05:44

昨日はスキーのない久しぶりの休日!
朝は雲一つない快晴でしたから富士山を撮ってきました。
d0351213_17325151.jpg

(クリックすると拡大できます)
渡辺蘭氏はなぜか?昨日も室内レポート。
d0351213_1734017.jpg

d0351213_1734145.jpg

d0351213_17343033.jpg


昼間は同県内で出かけましたが先週の雪がこんなに残っていました!
d0351213_17374178.jpg

午後は、次回のスキー準備を兼ねてスキーゴーグルを新調しました。
これはSWANS社がOEM生産しているものを格安で購入できました。
まっ、H先生ほどギアに投資できませんので・・・なんて(笑)

さて本題。
私はカリフォルニアのピノ・ノワールで最も安定したワインを作る生産者として、とてもお気に入りなのがオー・ボン・クリマ。

オー・ボン・クリマのワインは果実の旨味より酸を大切にしているから、最安値のジェネリックワインでも10年以上の熟成にも耐え素晴らしい味わいに変化する。

今回購入したワインは、一般的なジェネリックのサンタ・マリア・ヴァレーではなく、サンタ・バーバラのロス・アラモス・キュベになる。
ロス・アラモス・キュベは初めての購入だが、サンタ・バーバラは高品質なピノ・ノワールの産地として知られ、ロス・アラモスはその最上の区画とされている。

個人的にはオー・ボン・クリマのワインは高いワインではなく、普及ワインで十分美味しく飲める。

もし、上級キュベをH先生のように持っている方なら収穫から15年以上熟成させるまで待たないと真価がわからない。

購入本数は8本。
d0351213_13503467.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-26 05:44

以前H先生とスキーで利用するホテルに1987年のエシェゾーを持ち込み飲んでいる。


特別な何か?は無いが、エレガントな酒質はエシェゾーならではで堪能した。


今回到着したのはニュイ・サン・ジョルジュ1998


現在、ジャン・ピエール・ミュニュレは引退してワインを作っていない。

畑は、中堅ネゴシアンのドーデ・ノーダンに貸している。
d0351213_1352545.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-25 04:45

ビューラーはカリフォルニアでボルドースタイルの赤ワインを生産している。

自社畑のものと買い付け葡萄のものがあるが、それは『エステート』の文字から判別できる。

今回紹介するのは、パパスノールと言うビューラーが創業時から所有する区画。

インポーターの方から聞いた内容によると、一般的に言われる葡萄畑とは違いかなり奥地にあり勾配もある区画と言う。
よって、果実感の出るカリフォルニアボルドースタイルではなくテロワールが反映したクラシカルボルドースタイルと言う。

飲んだら、また紹介します。
d0351213_8171159.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-24 05:12

3代目グロリア

4日間の休暇はあっという間に終わり昨日から日常に戻っています。

本日は太平洋側では夕方の時間帯に雪又は雨の予報になっています。
今回は公共交通機関の乱れや積雪まではいかない模様です。
d0351213_593798.jpg

d0351213_595362.jpg

d0351213_510893.jpg


自宅近くでたまたま発見!

ナンバープレートが一桁なことから新車当時から乗り続けていると思われ車歴は40年を超えています。
d0351213_1663064.jpg
d0351213_1664038.jpg
d0351213_1665086.jpg
d0351213_1665960.jpg
d0351213_1671331.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-23 05:04

今回の行程最終日。
冬型の気圧配置も一段落して朝から晴れ間が覗かせていた。
d0351213_19122910.jpg


渡辺蘭氏も久し振りに外からレポート。
d0351213_19124329.jpg

d0351213_19125814.jpg

d0351213_191395.jpg

d0351213_1913249.jpg


出発時の積雪は20センチ程度。
d0351213_19135386.jpg


本日はO女史とM若旦那が合流予定だったがM若旦那は昨日までの団体レッスンの講師で疲れたのか?体調不良で不参加になった。


この天気の良さを予感したのでO女史と8時過ぎにスキー場駐車場で待ち合わせ。
d0351213_19142152.jpg

ゴンドラはスキー場上部で強風の為運行が遅れてリフトで上がりました。
d0351213_19143726.jpg


やはり、このスキー場はコース整備に定評があるからゲレンデコンディションはとても良い状態。
d0351213_19145349.jpg


途中Nご夫妻も見掛けたがタイミングが合わず挨拶は出来なかったが、滑りは健在でした!
こちらはO女史
d0351213_1918673.jpg

d0351213_19182031.jpg


SANの強化練習で元オガサカキャプテンや技術選で前人未到の9連覇をした元女王がコーチに来ていた。
d0351213_19154226.jpg

タイミングを見てO女史に撮影をお願いしました。
ありがとうございます。
d0351213_19161281.jpg

d0351213_1916307.jpg

d0351213_1916524.jpg

d0351213_1917949.jpg


なんと、村役場が所有する特装車両!
さすが雪国ですね。
d0351213_19172390.jpg


痛板!
d0351213_1919345.jpg


13時まで滑って帰路につきました。
d0351213_19192081.jpg

d0351213_19193374.jpg

d0351213_19194844.jpg


途中、Y県警高速隊は覆面パトカーにマークXを配備していました。
(H先生への業務連絡)
d0351213_1920789.jpg

d0351213_19202228.jpg

d0351213_19203673.jpg


こちらのトラックが今回の行きに先導し雪道で勾配のある路面を熟知してうまく走ってくれ助かりました。
d0351213_1922267.jpg


次回は7日後に!
[PR]
by nationalwinedemo | 2016-01-22 04:11