<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

久し振りにチリの赤ワインを飲みました。


初めて知った、パルミラと言うワイナリーは比較的新しいワイナリー。


ソーヴィニヨン・ブランとカベルネ・ソーヴィニヨンにカルメネールを飲みましたが、カルメネールの出来が抜群。

販売店の価格は1200円程度だが中身は価格以上。
d0351213_1925374.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-31 04:55

朝から快晴で素晴らしい景色が見えました。
ここまで素晴らしい景色を見れたのはは今シーズン始めてではないでしょうか?

地元の放送局はこの方!
d0351213_1975023.jpg

d0351213_198671.jpg

d0351213_1981930.jpg


あとは、景色についてはコメント不要ですね。
春スキーを満喫できました。

問題は私の体調が完治しない事。
もう3週間になります・・・
d0351213_1991230.jpg

d0351213_1993227.jpg
d0351213_1994933.jpg
d0351213_1910635.jpg
d0351213_1910224.jpg
d0351213_19103524.jpg
d0351213_19104877.jpg
d0351213_1911353.jpg
d0351213_19111791.jpg
d0351213_19113478.jpg
d0351213_19114991.jpg
d0351213_1912983.jpg
d0351213_19122226.jpg
d0351213_19123617.jpg
d0351213_19125253.jpg
d0351213_1913542.jpg
d0351213_19131892.jpg
d0351213_19133027.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-30 05:04

2週間振りのスキー。
渡辺蘭氏のレポートを自宅で見て5時5分出発。
d0351213_6265521.jpg

d0351213_6271036.jpg

出発時の気温は10℃
d0351213_6272865.jpg

d0351213_6274466.jpg

出発早々から明るくなり始めました。
d0351213_628226.jpg

d0351213_628193.jpg

d0351213_6283330.jpg


道中、朝焼けの針葉樹が綺麗でした。
d0351213_6285395.jpg

d0351213_629896.jpg

d0351213_6292268.jpg


いつもの休憩所に到着し、地元放送局はこの方!
d0351213_6304839.jpg

d0351213_6311892.jpg

d0351213_6313230.jpg


今年は全国的に雪が少なく、今回までの間にスキー場シーズン券を持つ1つのスキー場はクローズに。
d0351213_6315977.jpg

d0351213_6321420.jpg

そこで、Y先生が手配してくれた別のスキー場になりました。
恐らく、シーズン終了までのY先生のレッスンはこのスキー場になりそうです。
d0351213_6323374.jpg

d0351213_6324865.jpg

d0351213_633432.jpg


天候、晴れ時々曇り(お昼頃に雷雨の可能性ありの予報)
d0351213_6315977.jpg

d0351213_6335733.jpg

d0351213_6341463.jpg

d0351213_6343428.jpg


ゲレンデでY先生が一般スキーヤーから『素晴らしいスキー操作ですね』と声をかけられてました(笑)
d0351213_6345217.jpg


近隣の標高が低いスキー場がクローズしている事。
関西エリアは1つのスキー場以外全てクローズしている為、ゲレンデは平日にしては混んでいました。
d0351213_635997.jpg

d0351213_6352847.jpg

d0351213_6354478.jpg


ランチはチケットセンター横の場所に。
ゲレ食のカレーライス、ラーメン、パスタではなく素朴な天ぷら蕎麦と焼おにぎり。
比較対象が失礼ですが、駅蕎麦より遥かに美味しいです(笑)
d0351213_636763.jpg

d0351213_6362772.jpg


15時まで滑ってホテルに向かいます。
雪が少なく、春の訪れを待つ景色のようです。
(例年より半月早いように感じます)
d0351213_6371398.jpg

d0351213_6383294.jpg


ディナーはこちら
ドメーヌ・ルイ・ジャド サヴィニ・レ・ボーヌ・レ・ヴェルジュレス2005
熟成の領域には達していないが、繊細で優美。
『艶やかで美しいワイン』
うっとりしてしまった(笑)
d0351213_6405629.jpg

d0351213_6411141.jpg
d0351213_6413726.jpg
d0351213_6415269.jpg
d0351213_642742.jpg
d0351213_6422344.jpg
d0351213_6423963.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-29 06:25

今日から2日間スキーに来ています。
雪不足の今年は春になって、みるみる雪が解けています。
自然が相手だけに仕方ありません。
この後も春スキーに行こうと思っていますがいつまで雪があるか…
d0351213_07251103.jpg


スペインのポルトガルに接するエストレマドゥーラ州で作られる。
品種はマカベオ100%。


近年では国際品種のシャルドネやピノ・ノワールも混醸されるが、元はチャレロ種、マカベオ種、バレリャーダ種の3種がCAVAの葡萄品種。


現在購入しているスパークリングワインの最安値¥720(本体価格)でハウスワインになっています。
d0351213_1919527.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-28 13:59

ニコラ・ポテルが新たに立ち上げたメゾン。

私の以前のブログでその経緯を書いています。
このブログでおさらいすると、メゾン・ニコラ・ポテルを立ち上げたが、親会社のコタン・フレール社とワイン作りにおいて意見が分かれメゾン・ニコラ・ポテルを去って新たに立ち上げたのがメゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ。

今回紹介するのばメゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌのブルゴーニュでもより普及品になる。

飲んだらまた紹介します。
d0351213_19183955.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-27 05:40

今週は春らしく寒暖の差がある週になっています。
一昨日からグッと気温が下がり、桜の開花スピードはブレーキがかかっています。
それでも、一部の桜(ソメイヨシノ)がわずかながら開花が始まりました。
(スマホ撮影につきイマイチ)
d0351213_18452990.jpg

d0351213_18454118.jpg

d0351213_1845522.jpg


渡辺蘭氏も週の前半は春らしく、週の後半は寒の戻りをレポート。
d0351213_18471020.jpg

d0351213_18472357.jpg

d0351213_18474084.jpg

d0351213_18475839.jpg


菜の花は見頃の中で満開に近くなりました。
d0351213_18485489.jpg

d0351213_184977.jpg

d0351213_18492334.jpg

d0351213_18493738.jpg

d0351213_18495238.jpg


さて、本題。
久し振りにロベール・シュルグのパストゥー・グラン2006を飲みました。

10年経ったパストゥー・グランはコンパクトにまとまって未だに飲めるなんて他の生産者ではほとんど聞かない。


シュルグのパストゥー・グランはクラシカルで優しい味わい。

d0351213_1914992.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-26 04:59

カーヴ・ド・バイイ・ブリュット・シャルヴィは、私がネットでワインを購入するようになった当時からお気に入りのスパークリングワインです。

クレマン・ド・ブルゴーニュの格落ちで、これも瓶内2次発酵によるもの。



これは、新ロットでした。

誤解の無いように書けば、現在購入すれば全て新ロットです。

私はたまたま古いロットも持っていますが、在庫整理の時に新旧のワインが混在になり飲んでみないとわからない状態です(笑)

旧ロットと新ロットに違いはわかりますが、これが品質そのものにに差があるか?と言われたら品質差はないと思います。
d0351213_19115117.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-25 05:00

昨日の満月は見れましたか?
私はバッチリ見れました!
d0351213_20122336.jpg
ファルネーゼが作る低価格なシャルドネ。

日本国内ではファルネーゼのブランドがしっかり確立されている。
これは他国でもそうなんだろうか?

テロワールやシャルドネの旨味はあまり出ていないが、低価格なシャルドネにありがちな葡萄をプレスしすぎて量に走り苦味やエグミがなく、クリーンで爽やかさがある。

千円前半でこの方向性のワインが少ないだけに納得の品質。
d0351213_1952615.jpg

d0351213_1953742.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-24 05:53

昨日の事

日帰りスキーを計画していましたが体調回復に努めるためキャンセルしました。
Y先生からコンディション良好と連絡を頂きましたが仕方ありません。

今年の雪不足からすると1日でも早くスキーをしたい所ですが、気持ちに一喜一憂してはいけません。
また、この体調不良で近日開催予定だったホームパーティも延期になりました。

そんなわけで・・・
菜の花が見ごろになっていました。
d0351213_18592971.jpg
d0351213_18594132.jpg
d0351213_18595371.jpg


移動すると・・・白バイに遭遇!
安全運転で行きましょう。
d0351213_1911599.jpg


桜の開花状況を見てきました。
ここ数日の寒さで開花まであと一歩のまま中々開花していません。
d0351213_193139.jpg
d0351213_1933060.jpg
d0351213_1934298.jpg


これは、何の桜でしょうか?
緋寒桜ではなさそうです。横浜緋桜でしょうか?
d0351213_1981811.jpg
d0351213_1983043.jpg
d0351213_1984250.jpg
d0351213_199424.jpg
d0351213_1991694.jpg
d0351213_199557.jpg


渡辺蘭氏
d0351213_19101979.jpg
d0351213_19103269.jpg
d0351213_1910434.jpg


本日が満月(新月)ですが、保険をかけて前日に撮ってみました。
d0351213_19124445.jpg
d0351213_1913240.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-23 04:55

本日は日帰りスキーを考えていましたがキャンセルしました。
理由は2週間前に引いた風邪がぶり返し気味なこと。
もう一つは雪不足で2つあるスキー場シーズン券のうち片方はスキー場がクローズしたこと。
しかし、風邪がこんなに長引くのは今までになかったように思います。


かなり久し振りにこのワインを飲みました。

イヴ・グラが作る低価格で安定した品質のエリタージュ。


エリタージュは元々上級キュベを作った際に樽の時点で選別から漏れたものから作られていたが、あまりにこのエリタージュが売れ過ぎて現在ではエリタージュ用として最初から作られています。

南フランスのグルナッシュをメインとしており、この価格帯ながら早めに抜栓するか?デキャンタージュするとより真価のわかるワイン。

但し、デイリーワインにつき偉大さや将来性は全くありません。
d0351213_1934397.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-22 04:53