<   2016年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

本年も多くの方にお世話になり、ありがとうございました。

なんとか毎日更新を続けているブログですが、来年はどうなることやら(笑)

d0351213_18345229.jpg


d0351213_2141522.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-31 05:24

ルイ・ヌヴロ

この10日近く業務が忙しくなっています。
中々H先生と連絡も回数が減っていますので、ここに連絡を書きます(^_^)
シュルグのブルピノはブルゴーニュグラスで飲んだら香りの開き具合が違ったと思いますよ!

で、こちらは超格安シャンパーニュ(笑)

初めての購入し飲みました。
自社畑のピノ・ムニエ80%、シャルドネ10%、ピノ・ノワール10%。


まっ、手頃なシャンパーニュとしては合格点。

セール価格で2千円以下。
d0351213_10243067.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-30 05:10

メゾン・ジル

代々続く家族経営でニュイ・サンジョルジュ村に本拠地を構える。

特級畑はクロ・ド・ヴージョを持ち、ブルゴーニュのリージョンクラスまでブレなく作っている。

日本では正規輸入されているのかな?
地味な存在だが、ワインはピュアで芯のあるタイプ。

結構オススメ!
d0351213_1026465.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-29 05:05

超格安シャンパーニュ(笑)
価格の魅力に負けて…飲みました。

セパージュはピノ・ムニエ50%、ピノ・ノワール30%、シャルドネ20%を6年熟成と言うがドサージュ前の6年熟成を思わせるものはない。

シャンパーニュとしてギリギリ許せる品質。
(中には酷いのあります)


安いので多くを求めてはいけない。
d0351213_10272264.jpg


今朝の富士山!
d0351213_06443551.jpg

(Fuji-goko-TVより引用)

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-28 05:09

千円前半でシャープで程よく酸がのっているスタイルとしてオススメ。

価格帯からして当たり前だが、テロワールとか味わいがどう?
ではなく、純粋に気軽にいつでも飲みたくなるスタイル。
d0351213_17544451.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-27 04:35

500mlのボトルからしてちょっと微妙な気分で開けました。

しかし樽熟成しておりミディアムながら葡萄の目の詰まりもよく飲みごたえありました。

見た目で判断してはいけませんね!
d0351213_18573674.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-26 04:54

既に紹介済のアンドレ・クルエ。

黒葡萄の比率が高く、私のお気に入り。

私が好きだからと言うわけではないが、一応H先生にもお勧めシャンパーニュとして紹介しています。

ボランジェのグラン・キュベと飲み比べても、恐らくアンドレ・クルエの個性が生きるだろう。
コスパはとてつもなく高いと思います。
d0351213_1852098.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-25 05:35

シャンパーニュでエドシックと言えば、軽やかなパイパー・エドシック、香り豊かなシャルル・エドシック、重厚さのエドシック・モノポール。

ブラン・ド・ブランも好きですが、重厚さのあるシャンパーニュはやめられない(笑)

d0351213_18471670.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-24 05:43

以前飲んで¥1980カリピノのお気に入り。
以前は国内に入るボーグルのジェネリックレンジはルシアンリバー産で価格も¥4000程度でしたが、インポーターが変わったタイミングでカリフォルニア産のブレンドになりました。
よって価格は下がりましたが、事の他品質は落ちていない。


ブルゴーニュスタイルではなく、きちんとカリフォルニアのピノ・ノワールです。


しかし、果汁の旨味に振っただけではなく、しっかりした構造もありますが、ピノ・ノワールが本来持っている繊細さをカリピノ内で持っています。

H先生が飲んだら絶対に気に入るだろうな(笑)
d0351213_18422480.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-23 05:30

このクレマンは既に飲んでいる。

ピノ・ノワール70%どシャルドネ30%を瓶内熟成30ヶ月以上させてオリ抜きします。

前回は瓶内熟成期間の長さからくるしっかり感と、フレッシュ感が前面に出ていました。

数年待てばドサージュとも馴染み良い熟成が得られるでしょうが、待てないだろうな(笑)

d0351213_18412129.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-12-22 05:19