<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

このワインはH先生と夏の旅行に行った時に老舗酒屋さんで購入した。
和のテイストにとても合うワイン。
飲まないとこの素朴さがわからないでしょう。

食事とワインが飲み終わり、〆にかき揚げそばを食べても違和感なく合う(笑)
d0351213_18262410.jpg
d0351213_18263548.jpg








[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-30 04:38

新しい旅立ち!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-29 05:47

直輸入する会社がメゾン・ジルのブルゴーニュ2014を再輸入して手に入れました。

一流の作り手が生み出す綺羅星のようなスタイルとは違います。
素朴で実直な味わいと価格の両面にバランスが取れたクラシカルなタイプ。

d0351213_19190509.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-28 05:17

格安カヴァを購入する店舗で少し前から販売されています。
既に何度も飲んでいましたが、紹介しそびれていました。

バランスが取れた辛口で、辛口にある金属的なキンキンしたものは無いのでH先生は気に入るでしょう(笑)

d0351213_19174175.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-27 05:08

本日でラストスキー。

昨日のサプライズ、N女史からお礼の手紙を頂きました。
春の装いのホテルを後にしてスキー場に向かいます。
d0351213_19010548.jpg
d0351213_19011628.jpg
d0351213_19012510.jpg
d0351213_19013697.jpg
d0351213_19015248.jpg
d0351213_19020777.jpg
d0351213_19022234.jpg
d0351213_19024283.jpg
ラストスキーはY先生と。
d0351213_19030160.jpg
d0351213_19041214.jpg
Y女史は仕事が入りキャンセルに。
本日はシーズンの集大成でレッスン形式ではなく、一緒に滑るパターン。
d0351213_19042671.jpg
d0351213_19043948.jpg
d0351213_19045210.jpg

昨日同様にこの時期の雪質、言い訳せず自分の意思を持って滑りました。
d0351213_19050268.jpg
d0351213_19051469.jpg
d0351213_19081813.jpg
d0351213_19082810.jpg
帰路につくと…
スキー場付近は桜が咲かず、市街地でようやく見頃。
d0351213_19073041.jpg
d0351213_19074255.jpg
d0351213_19075432.jpg
d0351213_19080445.jpg


高速に乗り、覆面パト?っと様子見ようとしたら、そんな時間なく目の前の車両を捕獲してました。
d0351213_19094110.jpg
d0351213_19095435.jpg
d0351213_19100657.jpg
d0351213_19103173.jpg
d0351213_19104929.jpg



道中、初夏を思わせる景色になってきました。
d0351213_19110047.jpg
d0351213_19111074.jpg
d0351213_19145665.jpg
d0351213_19150736.jpg
d0351213_19152083.jpg

2016-2017年スキーシーズンは滑走28日をもって終了しました。
お世話になった全ての方に感謝します。

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-26 04:54

本日から2日間のラストスキー。
いつも通り自宅を出発しスキー場に向かう。
d0351213_07555196.jpg

出発時は明るくなってます。
d0351213_07560036.jpg


出発してすぐに日の出が見えました。
正面なら良かったけど高速道路で横からの撮影…
d0351213_07561047.jpg
d0351213_07562066.jpg
d0351213_07562811.jpg


枝下桜が綺麗に見える場所はようやく咲き始め?
d0351213_07563754.jpg
d0351213_07565083.jpg
d0351213_07570186.jpg
d0351213_07571934.jpg
いつもの場所で休憩。

d0351213_07575855.jpg
d0351213_07574412.jpg
d0351213_07580919.jpg

スキー場近くなると薄日の差す晴れで、なんとか壮大な景色が見えます。
d0351213_08020337.jpg
d0351213_08021462.jpg
8時半にスキー場到着。
O女史は山スキーならぬ山スノーボードに行っておりGスキー場にきました。
d0351213_08022798.jpg
d0351213_08024069.jpg
d0351213_08025622.jpg
d0351213_08031311.jpg
d0351213_08032417.jpg
d0351213_08045269.jpg
d0351213_08051069.jpg
d0351213_08052123.jpg


このシャラシャラな雪質で滑るには、中途半端な技術や気持ちでは滑れません。

しっかりと、自分に意思を持って滑りました。
特に山麓まで滑った最後は、滑るほど重く滑りにくくなる雪質に『なぜ自分の意思でここを滑っているのか?自分の気持ちを切らさない!』としっかり滑りました。
すると、滑り終え板を担ぐとたまたまか?
ウェアからか?
パトロールスタッフから『お疲れ様です』と声をかけられました(笑)
d0351213_08063866.jpg
d0351213_08062516.jpg

14時まで滑ってランチをし、ホテルに向かいます。
d0351213_08070239.jpg
d0351213_08071783.jpg
d0351213_08073109.jpg
d0351213_08074529.jpg
d0351213_08075628.jpg
d0351213_08080944.jpg
d0351213_08082020.jpg
d0351213_08083185.jpg
d0351213_08084353.jpg
d0351213_08102069.jpg
d0351213_08103443.jpg
d0351213_08104575.jpg
疲れからホテルに入ったら爆睡…。

d0351213_08110257.jpg

ワインは、ローヌ地方サンジョセフ1995
たまにはローヌも良いね!

熟成された蔵出し古酒だけに状態は完璧でした。
d0351213_08114104.jpg
d0351213_08115185.jpg
ディナーも終わり、レストランマネジャーのu氏にお願いして、来月で6年いたN女史が結婚退職するにあたり、この時間にいるスタッフみんなで記念撮影!
(画像は後日限定公開します)

いよいよ、明日はラストスキー!

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-25 07:51

以前、このベルトラン・ド・ラ・ロンスレイのニュイ・サンジョルジュ1998を飲んで、温度変化に過敏なワインと書いた気がします。


そこで、温度が常温で飲める今改めて飲んでみました。
やはり、安定感が無いと言うか落ち着き感がなぁ・・・。

しかし価格を考えれば、それなりでしょうか。

ロンスレイのワインは当たりは無いが外れも少ないだけに、このワインは微妙。

d0351213_19160146.jpg

本日からラストスキーです(^_^)
d0351213_07101709.jpg


[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-24 05:16

H先生が超大型バイクを購入するという。
詳細はメールのやりとりをしていますが、納車は27日でしょうか?
まっ、外れているかもしれませんが新しいブログと言いH先生が動き出していることは事実です。

では、私は?と言うと何にも動き始めるものがありません(^_^)
これから暖かくなるからワインの購入も激減になります。

さて、本題。
ルイ・ジャドのベーシックレンジはブルゴーニュ クーヴァン・デ・ジャコバンとブルゴーニュ ピノ・ノワールもしくはシャルドネと品種を表記した2種類存在する。
どちらもコート・ドール一帯のブレンドで作られ品質にそう違いはないとされている。

久し振りに品種表記したシャルドネを飲むと共にクーヴァン・デ・ジャコバン2014の白を先日飲んでいるから比較も兼ねて。


色合いに違いは感じないが、香りはこちらの方が柔らかい。
ボリューム感は無いが近寄りやすい香りは好印象。
このワインの方がルイ・ジャドらしさが出ている。
その違いについて明確な何か?は、わからないがクーヴァン・デ・ジャコバンの方が固くビオのような感じ。
シャルドネの表記がある方が今までのルイ・ジャドスタイルに感じます。

d0351213_19113602.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-23 05:00

近くの酒屋さんで見つけました。

全く詳細はわかりませんが、ブルゴーニュの北地サン・ブリに本拠地があり、これはブラン・ド・ブランで18ヶ月の熟成とか。

輸入元から推測すると、一般的なレベルか?


実際に飲んでみる。
ブラン・ド・ブランの軽快感があるが、どことなく頼りない。
ドサージュによるバランスが崩れているわけではない。
葡萄の旨味、酸、どちらもパッとしない。

うーん、生産者の力量がそれまでか?

久しぶりに辛口コメントにせざるを得ないワイン。
d0351213_19095329.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-22 05:15

シャブリで樽を使わずに洗練されて瑞々しいシャブリを作った第一人者のジャン・マルク・ブロカールの息子、ステファン・ブロカールが手掛けるメゾン。
クロズリー・デ・アリズィエ。


購入価格が手頃だから味わいの深さを求めるのは酷だし、何より親しみやすいこのスタイルに共感が持てます。

d0351213_19080838.jpg


[PR]
by nationalwinedemo | 2017-04-21 05:05