<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

(本題の前に)

ブルゴーニュの白ワインはプレマチュアオキシデーションと言われる早期劣化が起きて20年になる。
色々原因とされる話しは聞くが、いまだ原因が掴めず解決されていない。
厄介なのは、リリース間もない時にプレマチュアオキシデーションになりうる兆候が無いこと。
同一ワインなら全てが起こるわけでもなく、現地や各国のインポーターが入れた一部に発生すると言うから樽単位や保存環境ではない模様。
モンラッシュなど世界最高峰と言われるワインも生産者、ヴィンテージによって一部にプレマチュアオキシデーションが発生している。

しかし他の地で作られるシャルドネで同様な事がほとんど聞かない。


本題のブルゴーニュの赤ワインはピノ・ノワールから作られるが、プレマチュアオキシデーション(早期劣化)になったとは世間では騒がれていないし、ボトル個体差やヴィンテージによる熟成がなされないまま落ちてしまうのは今回のとは違う。


ではピノ・ノワールは大丈夫なのか?
こればかりはブルゴーニュのシャルドネ同様にリリース間もない時にプレマチュアオキシデーションになりうる兆候が無いのと同じで何とも言えない。


ただ、嫌な予感はある。
例えばここ数年一部の赤ワインは明らかに軽いスタイルだ。
軽いからプレマチュアオキシデーションになるわけではないが、ワインとしての目の詰まり具合もパッとしないものがある。
こうなるとプレマチュアオキシデーションとして騒がれ始めた白ワインも確かに軽いスタイルに変わり始めた頃ではなかったか?
もしくはプレマチュアオキシデーションではなく、単に熟成出来ないのでは?

と、思う次第。



誤解の無いように書きますが、何も一部の生産者がダメと言ってるのではなく、ここ数年多くの生産者がピュアでナチュラルなスタイルが行きすぎているように感じます。

近年のワインはグラン・クリュでも、昔より遥かに早いうちから飲みやすいスタイルになっているのは良い事ばかりではないのでしょう。

市場では、熟成する前に消費する人が大半を占めて熟成をさせたワインを飲むワインラヴァーは小数になっているのはワインの楽しみを奪っているように思う。

世界で最も高価な価格で販売されているブルゴーニュワインは現在更に高価な価格が続いている。
もし、赤ワインの熟成に疑問が投げ掛けられたら忽ち価格崩壊が始まってしまうのか?
それは、私の思い込みなのか?



ブルゴーニュの赤ワインの行く末を見守りたい。

d0351213_18202282.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-30 05:52

以前のブログでも紹介してH先生にも気に入って頂いたカリフォルニアのピノ・ノワール。

完全にカリピノスタイル。

カリピノのお手軽ワインとしてオススメしていたがヴィンテージが変わって弱々しくなってしまったようで、今まで購入していた店舗では扱いをやめている。
d0351213_18591403.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-29 05:23

AOCブルゴーニュで最も手軽な価格で、且つ安定したワインを作るメゾン。

クローズリ・デ・アリズィエはシャブリに本拠地を構えるステファン・ブロカールが運営している。

ステファン・ブロカール自体もだいぶ浸透して来たが、彼の父はジャン・マルク・ブロカール。
そう、樽を使わずに洗練され瑞々しいシャブリで一世を風靡した。
息子のステファン・ブロカールは父のメゾンは継がなかったが作り出されるワインは同じスタイル。

現在、彼が作り続けているワインはどれも価格が手頃な事から、手軽なワインの中で品質は安定している。

この評価が正しいだろう。
d0351213_18451481.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-28 05:10

私が、ブルゴーニュの有名(著名)な生産者を除き、一番素晴らしいワインを作るのはジャン・ルイ・ライヤールだと思っている。


しかし、ライヤールは所有する区画は合計で3.5ヘクタールしかなくプルミエ・クリュやグラン・クリュも持たない。
では、何をもって一番素晴らしい生産者なのだろう?

AOCブルゴーニュのリージョン・クラス。
これがブルゴーニュワインの底辺になる。
私は常々リージョン・クラス(底辺)から手を抜かない生産者しか信用していない。

ライヤールはブルゴーニュのリージョン・クラスでも安定感と氏のポリシーを遺憾無く発揮している。
ブルゴーニュワインはヴォーヌ・ロマネ村のヴォーヌ・ロマネを名乗れない区画ではあるがヴォーヌ・ロマネ村のグラン・クリュの場所から500メートル東にある。
そこから、世界を震撼するワインは作れないが、プチヴォーヌ・ロマネのワインを作っている。
華やかさがありながら重心は低く、しかし香りのトーンは高い。


ブルゴーニュのリージョン・クラスにしては異例の30ヘクトリットル以下の低収穫量と収穫は他の生産者が収穫を終えてDRCと同じくらいの遅さによるもの。
このワインのみ全房発酵はしないが、随所に見られる拘りがワインから伝わってくる。

たられば、は書いても仕方ないがプルミエ・クリュやグラン・クリュをもったらたちまちプレミア生産者になってしまうだろう。


ライヤールのワインはライヤールの近所でドメーヌを構えるミッシェル・グロに聞いても、実に奴は良いワインを作っている。
と納得の生産者。


H先生にはブルゴーニュワインの真髄として是非飲んでほしいもの。
d0351213_19105150.jpg
d0351213_19110087.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-27 04:23

ドメーヌ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ
オークセイ・デュレス・クロ・デュ・ムーラン・オー・モワーヌ2001


2年前にまとめて購入。

経営者が変わり、以前の物が格安で輸入された。
著名な生産者ではないしヴィラージュクラスだから、偉大な何かはないがまずまずの出来。

複雑さは無く、クラシカルで繊細なピノ・ノワールのスタイルがお気に入り。
d0351213_19064201.jpg








昨日、日の入りの頃雨は上がり雲が切れた時にとても綺麗な景色でした。
残念ながら、電車内で写真は撮れず…

そこでライヴカメラの富士山です(^_^)

d0351213_19133077.jpg
r>


d0351213_19141724.jpg



[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-26 04:23

インポーターがスポットで仕入れたワイン。

カリフォルニアの広域表記のシャルドネ。

購入価格が千円以下としてはまずまずだが、果実の旨味よりオークチップ?のようなまろやかさが後味に残るのはは好みの別れるところ。

既にインポーターでは完売している。
d0351213_18434682.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-25 04:25

また梅雨らしくない!

昨日は真夏のような陽気でした。

所用を済ませ、午後の暑い時間帯になりましたがトレーニングに出ました。

d0351213_19170984.jpg
d0351213_19171360.jpg
d0351213_19171689.jpg
d0351213_19172034.jpg
d0351213_19172318.jpg
d0351213_19172704.jpg
d0351213_19173018.jpg
d0351213_19173984.jpg
d0351213_19174365.jpg
d0351213_19174859.jpg
d0351213_19175400.jpg
d0351213_19175714.jpg
d0351213_19181124.jpg
d0351213_19181482.jpg
d0351213_19181746.jpg



また、昨日はスキー取扱店よりスキー板の案内がありました。
完全受注生産、生産には3か月・・・
ビンディングつけたら20万円也!
d0351213_04370386.png

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-24 04:16

山内乃理子女史

このブログで検索ヒットされている一つに山内乃理子女史があります(笑)

現在はシングルですがそういった詳細は書きません!
d0351213_19022109.jpg
d0351213_19023341.jpg
d0351213_19024314.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-23 04:59

展示会

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-22 05:44

昨日は午前中トレーニングに出ました。
いつものコースを2時間かけて走ってきました。
やや波があり波乗りをする方を沢山見かけました。
d0351213_19431241.jpg
d0351213_19431612.jpg
d0351213_19431905.jpg
d0351213_19432259.jpg
d0351213_19432618.jpg
d0351213_19432946.jpg
d0351213_19433280.jpg
d0351213_19433614.jpg
d0351213_19434093.jpg
d0351213_19435012.jpg
d0351213_19435582.jpg
d0351213_19435830.jpg
d0351213_19440134.jpg
午後は都内某所、ワインインポーターのオフィスで小規模試飲会に参加。


d0351213_19474014.jpg

夏向け、低価格スッキリ系を30種試飲してきました。
画像はうまく撮れなかったので、インポーターHPより引用。

d0351213_19480688.jpg
d0351213_19481567.jpg
d0351213_19482110.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-06-21 04:40