<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日で8月も終わり。
ずいぶん涼しい陽気になりました。
この涼しさは東海上にある台風の位置から北風が入っているようです。

来週はちょっと出かけますが、天候に恵まれる事を期待します。
H先生、行程プランはいかがでしょう?


ルイ・シュニュ2012のラスト2本。

有名生産者が作る綺羅星のようなワインとは明らかに方向性が違います。

ルイ・シュニュは2人の姉妹にしか作れない、ある意味氏のポリシーが通っています。


個人的にはACブルゴーニュでもサヴィニでも安定していますが、白ワインは赤ワインより早めの消費が良いでしょう。
d0351213_10050641.jpg


[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-31 04:53

久し振りにキャンティ・クラシコを飲みました。

生産者の名前も初めて知りましたが、クラシコ(古くからキャンティを名乗れた区画)の名に恥じない目の詰まり具合です。

輸入上の問題で安く買えましたが、差し引いて通常価格でも納得の品質でしょう。

d0351213_18244213.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-30 05:10

ブルゴーニュ一帯からドメーヌ、ネゴシアンとしてワインを作っているメゾン・ジョセフ・ドルーアン。


常に安定した酒質でブレがない。


今回のブルゴーニュ ピノ・ノワールはスクリューキャップたが、個人的にはネガティブな要素は無し。

小規模ドメーヌのワインが高騰するなか、安定した品質と価格からオススメのワイン。

d0351213_10323298.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-29 05:55

暑い陽気でも、こだわりの生産者が飲みたいと思いジャン・ルイ・ライヤール2013を開けた。

何度かジャン・ルイ・ライヤールを紹介しているから詳細は割愛するが、有名批評家や雑誌にあまり載らないお陰でプレミアム価格がつかずにいる。

ACブルゴーニュだがヴォーヌ・ロマネ村の東にある小区画レ・パキエの単一区画から作られるワインはヴォーヌ・ロマネ村のワインにある華やかなトーン高い香りと重心の低さからくる落ち着きのある要素は、作り手の力量が発揮された逸品。

d0351213_18370550.jpg

バドミントンで快挙!
バドミントン世界選手権 イギリス・グラスゴー

奥原希望が悲願金メダル


女子シングルス決勝はリオデジャネイロ五輪銅メダリストの奥原希望が、世界選手権シングルスで日本勢初優勝を飾った。

このひとつ前の試合を見ていたが、相手の動きをよく見てフットワークを生かし相手にチャンスを作らせなかった。
この勢いがあればと思っていたが、見事決勝でも素晴らしい戦いをして優勝を勝ち取った。

d0351213_07390318.jpg
(画像は日刊スポーツwebより引用)


もう一つの快挙
卓球ワールドツアー チェコ大会

張本智和ツアー史上最年少優勝


男子シングルス決勝で、世界ランク20位の張本智和が、元世界1位で現7位のティモ・ボル(ドイツ)を4―2に勝利し、初優勝を飾った。
14歳61日でのシングルス優勝は男女通じてツアー最年少。
これまでの記録は女子の伊藤美誠(スターツ)の14歳152日。
男子は于子洋(ウシヨウ)(中国)の16歳30日だった。










[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-28 04:54

d0351213_18342981.jpg
イタリアのシチリアで作られるコルパッソシリーズ。

白ワインはピノ・グリージョ、フィアーノ、グリッロの3種だったか?

フィアーノはシャープな味わいの中に風味豊かな要素があります。
販売店の価格が千円程度なら、かなりオススメ。



[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-27 05:10

昨日のブログの通りH先生から合流の話しもありましが、うまく合わず…
また最高気温は36℃の予報もあり朝からトレーニングに出ました。
朝早い最大の利点は暑さより、人の出が少なくトレーニングに向いています。

海はやや波があり多くのサーファーを見かけました。

d0351213_17420961.jpg
d0351213_17421371.jpg
d0351213_17441459.jpg
d0351213_17441824.jpg
d0351213_17421626.jpg
d0351213_17443193.jpg
d0351213_17443647.jpg
d0351213_17444603.jpg
d0351213_17445009.jpg
d0351213_17450126.jpg
d0351213_17450522.jpg
d0351213_17470462.jpg
d0351213_17470820.jpg
d0351213_17471471.jpg
d0351213_17471999.jpg
d0351213_17472387.jpg
トレーニングが終わり、所用で車に乗るとこんな気温表示に(涙)
d0351213_17484114.jpg
午後にH先生と再度合流を調整しましたがうまくいかず・・・
所用の最寄り駅。
d0351213_17485072.jpg


果たしてH先生はバイクを走らせたのだろうか?
[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-26 04:40

本日はH先生から某所にお誘いを受けました午後から用があること、某所までの距離が片道70キロあり断念しました。
しかし、久しぶりに富士山が見える環境からすると某所の合流断念は何とも残念でした。
d0351213_10251648.jpg


シャブリが飲みたくて、自宅の在庫を探すと…
ルイ・ジャドしかありませんでした。

以外とシャブリを持っていない自分にビックリ!

シャブリとはブルゴーニュで最も北に位置し、古くは海であったようで牡蠣の貝殻が多数残るキンメリッジャンの土壌からなる地形。

しかし、シャンパーニュ同様シャブリも昔ではシャブリを名乗れなかったエリアまでシャブリと名乗れるようになり土壌の個性はプルミエ・クリュ以上だろうか?



もう1つは、醸造における違い。
伝統的な樽を使いしっかりした作りのラヴノー。
対して、近年主流になっている樽を使わない洗練された作りのルイ・ジャドやブロカール親子など。


メゾン・ルイ・ジャドのシャブリ セリエ・ド・ラ・サブリエールは洗練されたスタイルでとても良くできています。
d0351213_18295382.jpg
d0351213_18302257.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-25 04:50

メゾン・ルイ・ジャドが日本限定で出しているソンジュ・ド・バッカス。

葡萄は通常のブルゴーニュレンジより上質なものを使い、ラベルは日本に受け入れられるように和紙に近いものを採用している。

以前紹介した2007年はややプレマチュア・オキシデーションであったが今回の2010は健全な状態です。

ただし、プレマチュア・オキシデーションはランダムに起きてしまうから2010年がプレマチュア・オキシデーションにならないわけではないのが辛いところ。

d0351213_18274800.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-24 05:09

朝からトレーニング!

昨日で21日続いた雨も終わり、ようやく雨の降らない1日になりました。
8月観測史上2番目の連続降雨だったようです。
車の洗車も約1ヶ月振りにしました。

早朝からのトレーニングは風も無く、薄日の差す程度。

また、
正義感を出すつもりは毛頭ありませんが、海水浴場近くの遊泳禁止区域で小さな子供を遊ばせているのをライフセイバーが遠くから拡声器で注意を促していましたが、自身と思っていないのか?
無視…
遊ばせる自由より、海水浴場出ない場所で海水浴場近くの場合はライフセイバーがとても気を遣うことを
理解しましょう。
d0351213_04533387.jpg
d0351213_04533817.jpg
d0351213_04534240.jpg
d0351213_04535092.jpg
d0351213_04535482.jpg
d0351213_04535752.jpg
d0351213_04540096.jpg
d0351213_04540521.jpg
d0351213_04540805.jpg
d0351213_04541132.jpg

今日から3日間は猛暑の予報・・・



[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-23 05:59

ミッシェル・グロのシリーズでジェネリックレンジはこのブルゴーニュと昨日紹介したオート・コート・ド・ニュイになります。
テロワールのキャラクターはブルゴーニュはヴォーヌ・ロマネ村とヴォーヌ・ロマネ村寄りのニュイ・サンジョルジュ村の2区画ですが味わいの要素はプチヴォーヌ・ロマネです。

鼻高々に言うと、ミッシェル・グロ本人から『あなたの表現はテロワールの的を獲ている!』
とお褒めのコメントを頂いた。
d0351213_18233241.jpg



[PR]
by nationalwinedemo | 2017-08-22 05:05