<   2017年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

午後からトレーニング!

昨日、所用で午前中出掛けると稲刈りが始まっていました。

午後からいつものコースをトレーニングに出ました。
徐々に風が出始めて、波乗りをする方が増えていきましたが、波が小割れして難しそうに見えました。
d0351213_18442971.jpg
d0351213_18443319.jpg
d0351213_18443656.jpg
d0351213_18444039.jpg
d0351213_18444292.jpg
d0351213_18444754.jpg
d0351213_18445019.jpg
d0351213_18445393.jpg
d0351213_18445630.jpg
d0351213_18450458.jpg
d0351213_18450930.jpg
d0351213_18451250.jpg
H先生は昨日直帰したのだろうか?

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-30 04:43

繊細さと優雅さを持ち合わせたメゾン・フェヴレ。

フェヴレに対する評価をしない方もいますが、個人的には大手ネゴシアン兼ドメーヌとして私が信頼しているのはルロワ、ルイ・ジャド、ルイ・ラトゥール、フェヴレ、ジョセフ・ド・ルーアン、ブシャール・ペール・エ・フィス(古酒又はアンリオ傘下以降)の順でしょうか?
相対的な見方とワイン単体に対する評価で順列が変わることはありますが、この大手ネゴシアン兼ドメーヌはブレがありません。

その中にあるフェヴレは標識や信号機を作る会社のグループがワインを作っているのはあまり知られていない。

フェヴレのワイン白ワインと赤ワインはピュアで綺麗な酸が乗っている。

d0351213_18221210.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-29 04:58

ロワール地方で作っているヴァン・ムスー。
ドゥブレヴィルは格安スパークリングですからAOCロワールを名乗れません。
また、ブラン・ド・ブランの表記がありますが資料がなくどのセパージュを使っているかわかりません。

しかしながら瓶内2次発酵で作られて、購入価格が千円以下ですからコスパはかなり高い。

d0351213_18180720.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-28 04:45

鶴沼ツヴァイゲルト2014

北海道で作られるツヴァイゲルト(ツヴァイゲルトレーベ)。
もとはオーストリアで赤ワイン用として主に生産されている。
日本にツヴァイゲルトレーベが入ったときはオーストリアの気候に近い北海道と長野が栽培のメインとなる。

鶴沼ツヴァイゲルト2014はツヴァイゲルトレーベにある固さがわずかにある。
強すぎない主張、程々の酸味とエレガントなスタイルが好感を持てます。

d0351213_18145011.jpg



[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-27 05:00

最近ブルゴーニュのピノ・ノワールと言うとメゾン・ジルを開けています。

もう少し果実感が…、もう少し輪郭が…
と思うところもありますが、このクラシカルなスタイルはそれはそれでお気に入りです。

大手メゾンの安定感とは違い、メゾン・ジルのクラシカルスタイルは小規模生産者で自身が作るべき方向性がしっかりしているのが好印象。

d0351213_18125529.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-26 04:45

格安カヴァを買うアイテムの1つ。

このグラン・パッションやFIZZ等を輸入する会社の格安スパークリングは価格を考えたらレベルは高いと思っている。

d0351213_18081262.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-25 04:58

ルイ・シュニュ2012のラスト在庫。

有名生産者が作るような目の詰まり具合や将来性のあるワインとは明らかに方向性が違います。

ルイ・シュニュは2人の姉妹にしか作れない、繊細でピュアなワインを作っている。

姉妹が作っているポリシーがワインを通して感じ取れます。

d0351213_18052996.jpg

個人的にはACブルゴーニュでもサヴィニでも安定していますが、白ワインは早めの消費が良いでしょう。
[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-24 04:46

朝のうちにトレーニング

昨日は天気予報がお昼頃から雨の予報になり、朝からトレーニングに出ました。
薄日の出る曇りで波はフラット。
波乗りする方の出足は遅く、波乗りも小さな波にうまくソフトに乗るポイントを押さえていました。
風も無くトレーニングする方を多数見かけました。

また、自身も砂浜を裸足で歩き足指の感覚を上げるトレーニングを少ししました。
d0351213_16503025.jpg
d0351213_16503431.jpg
d0351213_16503783.jpg
d0351213_16504009.jpg
d0351213_16504827.jpg
d0351213_16505492.jpg
d0351213_16505790.jpg
d0351213_16510023.jpg
d0351213_16510250.jpg
d0351213_16511228.jpg
d0351213_16511927.jpg
d0351213_16512263.jpg
d0351213_16512506.jpg
d0351213_16512984.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-23 05:21

ネゴシアンワインとは、葡萄栽培農家から買い付けたものを醸造、もしくは瓶詰めまでされたものを購入し自社のラベルで販売するもの。

ドメーヌワインとは、自社の畑で収穫された葡萄を醸造して自社のラベルで販売するもの。


ここまでは、大半の方が理解しているでしょう。


しかし、ネゴシアンワインとは言え近年では大手ネゴシアンが自社の畑を持つドメーヌ化が進んだり、買い付ける葡萄は収穫量ではなく面積で支払いをする品質至上パターン。
葡萄栽培農家と契約を結んで樹のクローンからネゴシアンの要望に答えたり、マイクロネゴスと言われる栽培農家とタッグを組んで超少量生産が登場したりとネゴシアンでも様々だ。


対するドメーヌがネゴシアン物を作り始め出して20年位だろうか?
その初めはデュジャック、メオ・カミュゼ辺り。

インポーターの資料によるとドメーヌワインと同じ管理によって作られた…
とある。

但し、個人的な経験値からすると、ドメーヌがネゴシアンワインを作っていて、ネゴシアンワインの品質がきちんとドメーヌワインレベルにある生産者を見掛けた事がない。
デュジャックのネゴシアン物は濃くジャーミーだしメオ・カミュゼはドメーヌワインとネゴシアン物は、とてつもない価格高騰に反比例した品質。

フーリエ、アルヌ・ラショー、フィリップ・シャルロパン(コラボ)などもパッとしない。

ドメーヌとしての名声があるから作れば売れるのだろうが、なぜこの品質レベルなのだろう?
ただの利益商品と嫌味を言われてもおかしくない。


近年は多くのドメーヌがネゴシアンワインの生産をしている。
ニュイでは赤ワインが主流になるが、まずネゴシアン物で納得の生産者はいない。

ボーヌになると白ワインにはいくつか佳作がある。

よって、ネゴシアンが作るドメーヌワインは安心して飲めるが、ドメーヌが作るネゴシアンワインは買う価値があるものはほとんど無い。


と、言うのが私の結論。

添付画像2010年1月に飲んで見限ったデュジャックのネゴシアン物(笑)
d0351213_18293898.jpg


d0351213_09230731.jpg

添付画像は今年の2月に飲んだパスカル・ラショーのネゴシアン物ボンヌ・マールも凡作



[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-22 04:44

インポーターに端数が残っており購入。

このアリゴテはドメーヌ・ポンソの区画ではない為ローラン・ポンソ名義になっている。

しかも、理由はわからないが借りたアリゴテの区画があまり気に入らなかったようで数年生産し、畑は又貸ししたと言う。


このアリゴテが輸入された当時2003年?〜2007年?辺りに2社のインポーターから買っている。
素晴らしいアリゴテにはなっていないが、佳作になれるか?
と思っていた。

最終在庫として先月到着し、改めて飲んでみると…
やはり佳作になれるか?の要素を残している。
(つまり佳作になれなかったが、佳作に近い)

と言うのもインポーターの倉庫管理が完璧でまだ熟成の要素が見えて来ないのか?
熟成による味わいの変化率があまりないのか?
考えているうちに飲み干してしまった(笑)

d0351213_17570080.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2017-09-21 04:46