ロベール・シュルグ ブルゴーニュ・パストゥー・グラン2006

今週は春らしく寒暖の差がある週になっています。
一昨日からグッと気温が下がり、桜の開花スピードはブレーキがかかっています。
それでも、一部の桜(ソメイヨシノ)がわずかながら開花が始まりました。
(スマホ撮影につきイマイチ)
d0351213_18452990.jpg

d0351213_18454118.jpg

d0351213_1845522.jpg


渡辺蘭氏も週の前半は春らしく、週の後半は寒の戻りをレポート。
d0351213_18471020.jpg

d0351213_18472357.jpg

d0351213_18474084.jpg

d0351213_18475839.jpg


菜の花は見頃の中で満開に近くなりました。
d0351213_18485489.jpg

d0351213_184977.jpg

d0351213_18492334.jpg

d0351213_18493738.jpg

d0351213_18495238.jpg


さて、本題。
久し振りにロベール・シュルグのパストゥー・グラン2006を飲みました。

10年経ったパストゥー・グランはコンパクトにまとまって未だに飲めるなんて他の生産者ではほとんど聞かない。


シュルグのパストゥー・グランはクラシカルで優しい味わい。

d0351213_1914992.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2016-03-26 04:59