2017ボージョレー・ヌーヴォー

少し遅くなりましたが、2017ボージョレー・ヌーヴォー。

まず、ボージョレー・ヌーヴォーとボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーの2つがあります。
これは、区画そのものが違い上質な土壌から作られるのがボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー。
ますこれで、品質と味わいに違いがあります。

そして、誰が作るのか?もしくはどの製法を用いるのか?
この製法とはボージョレー・ヌーヴォー特有のフルーティさを出すマセラシオンカルボニックで作るタイプと従来の製法で作るタイプ。

まっ、ボージョレー・ヌーヴォーを買う選択でここは外せません。

もう天候の良し悪しで最終的な葡萄の出来が判断する時代では無くなってきたが、2017年は芽が出る時期に霜が降り、実が出来た時期に雹が降る。夏は雨が全くなく、通常なら収穫直線に雨は避けたいところだが、今年に限ってはその雨が葡萄に水分をもたらしたという。


今回は、お付き合いボージョレーにトラブルがあり自身の選択品のみ。

メゾン・ジョセフ・ドルーアン
やや酸があり、後から果実の旨味を感じるスタイルでバランスが取れている。
個人的には好きなスタイル。
d0351213_09201658.jpg


メゾン・ルロワ
毎年、最高品質で作り出すメゾン。
果実の旨味が綺麗に出て、酸もありややわかりやすいスタイル。
しかしながら絶妙なバランスがとれており、何度グラスを重ねても飲み飽きしない。
この日は先にスパークリングをボトル半分飲んでからルロワを飲んだが、ルロワは1本開けても飽きなかった。
1本半は飲みすぎだが…(笑)
d0351213_09204384.jpg

H先生はどうだったのだろう?
また、ヴィラージュを買えばH先生の気になる部分は解消されるのかな?


[PR]
by nationalwinedemo | 2017-11-23 09:21