アルベール・ビショー ブルゴーニュ 横浜アートラベル

たまに、手頃なブルゴーニュワインとして飲んでいます。

ブルゴーニュワインの価格高騰はご存知の通りです。

一体、いつまで続くのでしょう?
DRCやルロワはいつまでも続くでしょうが、超一流の生産者ではない一流も、はたまた二流や三流と言われる生産者まで、中国市場の買い占めや生産減を補うものをかけ離れた価格設定が見受けられます。
現在、ブルゴーニュワインは、価格と供給面からもっとも買いにくい環境になっています。

そこで、価格が安定しているネゴシアン物に手が延びる訳です。
アルベール・ビショーは2流のネゴシアンで良い持ち味は望めませんが価格は非常に現実的。

このアルベール・ビショーのブルゴーニュ 横浜ラベルは購入価格¥1600程度。
d0351213_18383682.jpg

メーカーより案内がありました、カメラの不具合を修理依頼していました。
確かにメーカーの発表した不具合は確認出来たものの、他に3ヶ所有償の修理が必要と連絡がありましたが、うち1つは部品がなく修理不能。
よって、修理代で新機種が届きました。
明日からのH先生とのスキーに間に合いましたが、操作方法の慣れが…
ちょっと触ってみると、約1秒間隔の連続撮影設定がありません。
変わりに高速14連写(今までは7連写)になりました。
当然、記録保存に時間がかかるわけで、いずれ新しいメディアも必要でしょう。

d0351213_06430077.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2018-02-04 04:26