ブルゴーニュ グラン・オルディネール2005 ドメーヌ・ブレマン

このグラン・オルディネールはステファン・ブロカールつながりだったか?
1月にステファン・ブロカールが来日しお誘いを受けたが、私自身の体調不良で断念。


このグラン・オルディネールは生産者の蔵で眠っていたもの。
よって、保管上のバラツキはほとんどありません。
状態から、出荷直前にボトル洗浄とコルクの打ち変え、ラベル貼りが行われた模様。

購入価格千円前半ですから、一般的なグラン・オルディネールのレベル。


参考までに、今回のように現地蔵出しされたもののようにボトル洗浄とコルクの打ち変え、ラベル貼りをしているものは、元の状態を確認してから実施するためダメなボトルに遭遇する確率は低い。
もしくは、コルクの打ち変えをしていなくても蔵出しのチェックがあるから状態の悪い確率は低いとされる。


対して、インポーターや個人でセラーにストックしていた場合は古酒を移動させるリスクと瓶内状態(オリの状態、目減り、コルクの劣化)については購入者のみわかるものとなり、常にリスクが伴います。

私個人の見解では、前者以外の購入はリスクを本人が承知していない限りオススメしません。

何より、収穫から30年など経ったワインは真贋の目利きも、より重要です。
d0351213_18065385.jpg

昨日、H先生にヴィンテージシャンパーニュの手配をかけたと連絡しました。
ヒントも無くでしたから、全くアイテムの検討がつかなかったと思います。
また、お互いの状況もあり連絡が途絶えてしまいました。
手配をかけたシャンパーニュは…
アンリオ キュベ・アンシャンテルール2000
これはインポーターの試飲で素晴らしい感想を持ったもの。
メゾンで12年の熟成を経て出荷される。

レコルタンの綺羅星のような物とは違い大手が作る安定して熟成が楽しめる。


[PR]
by nationalwinedemo | 2018-03-05 05:30