ルシアン・ルモワンヌ ボンヌ・マール2015

昨日に続きルシアン・ルモワンヌの最新ヴィンテージになる2015。

私のボンヌ・マール好きを魅了してくれるのか?

色合いはブルゴーニュらしく淡い。
香りは複雑でモレ・サンドニが持つ湿り気のような陰性。
味わいは、ボンヌ・マールが持つ妖艶さが出ている。
しかし、抜栓数日の経ったものからワインの魂は抜け始めテロワールと生産者の力量がワインにはまだ残っている。

先に飲んだコルトン・シャルルマーニュがワインの生命力が残っていただけに、後から飲んだボンヌ・マールが霞がちだが、単体で飲んでいたらまた違っただろう。


グラン・クリュでなくとも素晴らしいブルゴーニュワインはいくつもあるがグラン・クリュの醍醐味を飲んでしまうと、流石はグラン・クリュと納得。
d0351213_18562414.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2018-04-03 05:10