ジャン・ルイ・ライヤール ブルゴーニュ・レ・パキエ2015

ブルゴーニュの2015年はピノノワールは果実の年とされ、多くの生産者が果実感が出ているワインになっている。
ライヤールの2015年は果実感は最小限に止めてあり、ヴィンテージの影響より生産者の作りたい方向性がきちんと出ている。

d0351213_10372559.jpg

[PR]
by nationalwinedemo | 2018-12-08 04:37